脱毛前に自己処理のシェービングが必要な理由とやり方

脱毛に通うなら、サロンやクリニックによっていくつかの決まり事を守らないといけません。
予約日の前日までの自己処理もその1つですね。
どうして脱毛前の自己処理が必要なのか、いつまでにやればいいのかを説明しましょう。

事前シェービングが必要な理由

サロンやクリニックの施術方法は、ムダ毛のメラニンに反応する光やレーザーを当てて、毛根などを処理する方法なんです。
ムダ毛が伸びっ放しで皮膚表面に出ていると、吸収された光が熱になりますから火傷してしまうんですね。
毛が長いほど光もたくさん必要になりますから、毛根まで届く分が減ってしまって脱毛効果も落ちてしまいます。
安全に効率よく脱毛するために、脱毛前に自分でシェービングしておかないといけません。

事前シェービングのやり方とタイミング

サロンやクリニックで事前シェービングの注意を受けるはずです。
肌を傷めない電気シェーバーを使って、脱毛部位をきれいにシェービングしておきましょう。
脱毛する部位よりも一回りくらい広めで、丁寧に剃り残しがないようにするのがポイントです。
予約日当日にシェービングしてしまうと肌が敏感になってしまって、施術で肌トラブルが出やすくなるんです。
1mmくらい毛が伸びていても大丈夫なので、予約日の2日くらい前までにシェービングしておくのがおすすめです。

剃り残しの対応はサロンやクリニックによって違う

シェービングの対応はサロンやクリニックごとに違っています。
手が届かない体の後ろ側はスタッフが無料でやってくれるところもありますし、自分でやって行かないといけないところもあります。
多少の剃り残しなら無料でスタッフがやってくれるケース、電気シェーバー持参ならやってくれるケースなどもありますね。
剃り残しをスタッフが対応してくれても、シェービング代がかかってしまうサロンやクリニックもあります。
無駄な追加料金をかけないためにも、自分が通っているところのシェービングのルールについてしっかり確認しておきましょう。